SugarCape Aをリリース

2011年4月1日、SugarCapeの新しいシリーズ「SugarCape A」がリリースされました。

三つのA

SugarCape AのAとはなんでしょうか?SugarCape AのAは三つのキーワードの頭文字となっています。

一つ目は「Automation」。SugarCapeをリリースして以降、多くのユーザの方から「作曲がめんどくさい」「作詞がめんどくさい」「お風呂のカビ取りがめんどくさい」といったご意見をいただいて参りました。2週間にわたる壮大な研究の結果、高解像度で画面の前でニヤニヤしているユーザのそのときのインスピレーションを分析し、そこから得られたパラメータを元に作詞/作曲を自動で行う技術が完成し、SugarCape A誕生のきっかけとなりました。

二つ目は「Ander the bridge」。かっこいい響きの単語です。意味はよくわかりません。

使い方

SugarCape Aの使い方は5分(約カップラーメン1.6667個分)もあれば覚える事ができます。

1. ダウンロードしたzipを展開してでてくるSugarBakaというプログラムを起動します。

2. 画面の前でニヤニヤします。

以上です。

ダウンロード

http://sugarcape.net/wp-content/uploads/2011/03/SugarBaka.zip

注意

本アプリケーションを用いて作曲された楽曲の著作権は私にあります。勝手に使わないでください。あと、このソフトを使って幸せな気分になる、気分を害された場合でも保証はしません。

まだなにか必要ですか?

次のステップ


SugarCape Aをリリース” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>