音源の作り方2

アンケートご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

論文の進捗がとてもよくないのですが、期待されるとどうも作業をしてしまうので、音源の作り方2を先にご紹介しておきます。持ち上げるとどんどん開発が進むよ(・´ェ`・)

音源の切り分けと音量調整

前回つくったファイルを元に、音節毎のファイルの作成と音量の調整を行います。

前回までに作った、すべての音節(ミステイクも含む)がまとまって入っているファイル

ツールのご紹介

kill_yo1

これをAudacityなどを使って一つ一つ切り分けていっても勿論よいのですが、それだとすごく面倒なので、自動で音節毎に切り分けて音量のノーマライズをするツールを作りました。論文も書かずに作りました。(・´ェ`・)

Waveファイル切るよー(ノーマライズもするよー) ver.1.00

申し訳ないのですが、現在の作業環境がSnow LeopardなのでSnow Leopard専用のアプリになってしまいました。どなたか、Snow Leopard上のXcodeで、Leopardでもつかるプロジェクトを新しく作る方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると多分Leopard版も出ます…。

お決まり文句なのですが、使用はくれぐれも自己責任でお願いします。

まず前回つくったファイルを選択します。

kill_yo2

このファイルは、44100Hz 16Bit モノラルのPCM形式のファイルでなければいけません。

次に出力先のディレクトリを選択します。

kill_yo3

ここで指定したディレクトリに、切り分けられたファイルが001.wavから999.wavというようなファイル名で作成されます。なお、既に同名のファイルが存在した場合はスキップされます。場合によってはものすごい数のファイルができるので、間違った場所を指定しないように注意しましょう。

「処理開始」ボタンを押すと切り分け作業が開始され、切り分けられたファイルが出力先フォルダに作成されます。

kill_yo4

ファイルが正しく切り分けられているか、確認します。突然大きい音がでる恐れもあるので、くれぐれも注意してください。(最初のチェック時、スピーカーの音量は必ず小さい状態で!)。クイックルック(Finder上でスペースをおす)で確認するとラクです。

ここで、ミステイクなど不要な音節を削除します。

次回はファイル名の設定や音域の設定などについて書きます。

実験協力のお願い

研究で、SugarCapeとは別に「音し物(Otoshimono)」というアプリケーションを開発/リリースしています。こちらは実験的な内容なので、SugarCape以上に未成熟な内容なのですが、現在実験を行っているのでiPhoneをお持ちの方、是非ご利用してみていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

音し物(Otoshimono)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>